10/16 会場でのイベント情報

 

トークイベントスケジュール決定!

今週日曜日
サンポート高松 大型テント広場での
トークイベントのタイムスケジュールです。

10:00〜15:00まで、見逃せないトークが続きます!

すべて、入場無料です。
お気軽にご来場ください。


10:00〜

「かわいいドイツに会いに行く」
img_2728

出演:
久保田由希(「かわいいドイツに会いに行く」著者)
usaginingen(豊島在住)

詳細

 


 

10:50〜

「はじめましてまじめまして」
161014_1034_001

出演:
山口一郎(アーティスト)× 小笠原哲也(ギャラリーオーナー)

詳細

 


 

11:40〜

「瀬戸内に移住してみて」
%e3%81%86%e3%81%bf

出演:
淺野卓夫(瀬戸内人)
usaginingen(アーティスト)
松村純也(旅ベーグル)
世戸勝徳(せとうち暮らし)

司会:小笠原哲也(BOOK MARUTE)

詳細

 


 

12:30〜

「言えないよ、ジンだなんて」
%e3%81%84%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%88%e3%80%81zine%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a6

出演:
岡部史絵(ユトレヒト)
松村純也(旅ベーグル)
小笠原哲也(BOOK MARUTE)

詳細

 


13:00〜

河内タカ「アートの入り口 ヨーロッパ編」出版記念トーク
14359768_1190081151014204_1397517487_o

詳細

 



 14:30〜

「香川の建築話」
%e9%a6%99%e5%b7%9d%e5%bb%ba%e7%af%89

カワニシノリユキ(香川県立体育館保存の会)

詳細

 


14:50〜

「せとうちZINEアワード発表」
13681800_10154100505742935_1165107449_o

出演:
岡部史絵(ユトレヒト)
松村純也(旅ベーグル)
小笠原哲也(BOOK MARUTE)

詳細

【出展者決定】10/16(日)海の見える一箱古本市 & せとうちART BOOK FAIR

海の見える一箱古本市
& せとうちART BOOK FAIR

出展者が決定しました!

fullsizerender-32 uminomieru_top4 のコピー

高松駅・高松港からすぐ近くの、大型テント広場(サンポート高松内)で行うブックイベント。

一箱古本市、アートブックフェアに加え、ワークショップ、飲食のブースもあり、1日楽しめます!
気持ちのいい秋の瀬戸内で、本とアートをのんびり楽しんでください。

* * *

 

 

|イベント概要|

海の見える一箱古本市 & せとうちART BOOK FAIR

・開催日 :10/16(日)
・時間  :10:00~15:00
・場所  :サンポート高松 大型テント広場

 

会場図面PDFはこちらからダウンロードいただけます。
会場案内図

 

 

|出展者一覧|(順不同)

<一箱古本市>

ミキサンのよりみち文庫
ほるぷブックフォレスト
dot.
成合資料館
YOMS
BOOK FOR ALL
石山
フー吉堂
ユカリーヌ書店
ほんやら堂
海と月書房
石崎書店
葵西石川商店
書肆 去ル合葬
古本ハレクモ
ナインブックス

 


 

<アートブックフェア>

赤々舎
ユトレヒト
kotoriten
uta no tane/イワサトミキ
螺旋
LibroArte
ondo
STAIRS PRESS
YMT(山下ともこ+田部井美奈)
河内タカ
新手書店・台湾
alan
usaginingen
柳生忠平
国分チエミ
ジジの本屋さん
atelier ROSE & SATY
HAHU 本と手しごと。
わたぐも舎
サウダージブックス/瀬戸内人
せとうち暮らし
michi-siruve
WOMB
kimJu / フジモリメグミ
Nola
くりもとみき
Krimgen
津幡大洋
42101×五月病
ポレポレ工房
うにのれおな
パノラマ島
norisuke
My Little Kagawa
BOOK MARUTE
・若木信吾
・鈴木陽介
・かくたみほ
・濱田英明
・studio journal knock
maruteの学校
・hiiko
・つぼばやしあきこ
・佐野紫苑
・金子沙織
香川の建築
フナトト



 

<ワークショップ>

山口一郎(画家)
Ikecoo(絵描き)
レトロ印刷JAM

 


 

 

<飲食>

旅ベーグル & 瀬戸の花婿™
BOOK MARUTE(お菓子)
USHIO CHOCOLATL(チョコレート)
206 TSU MA MU(キッシュ)
NOTTA CAFE(お弁当)
Benの台所(お弁当)
六ろく(カレー)

 

会場にて、10:00〜15:00の間、常にトークイベントを開催します。
タイムスケジュールはこちら

 

 

⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨

◉ボランティア募集中!

出展者さんのお手伝い、運営のアシスタントなど。
できる事だけで大丈夫です。
旅ベーグルまかない付!

ご興味ある方は、お気軽に下記フォームからご連絡ください。
http://goo.gl/forms/FfmXNdfpAo

せとうちZINEアワード開催!

13681800_10154100505742935_1165107449_o

 

\ せとうちZINEアワード /

 

海の見える一箱古本市
& せとうちART BOOK FAIR
にて開催します!!

場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
実施日▶︎10/16(日)
投票時間▶︎ 12:00〜14:00

 

 
イベント当日、集まったZINEを集めて投票を行い、
14:50から「せとうちZINEアワード」の発表を行います!!

発表トーク出演:

岡部史絵(ユトレヒト)
松村純也(旅ベーグル)
小笠原哲也(BOOK MARUTE)

 


 

<全体の流れ>

①「せとうちZINEアワード」に応募してくださったZINEを、イベント会場の中央にあるブースに並べます。

②当日の出展者、トークイベント登壇者、ボランティアスタッフのみなさんが好きなZINEに投票します。

③投票の多かったZINEを、「せとうちZINEアワード」に認定!
14:50から発表&表彰いたします!

 

※アワード受賞者には、高松のMARUTE GALLERYおよび台湾にある「緑光+marute」にて、作品の展覧会できる権利を差し上げます。展示期間や内容は応相談。
(展覧会を希望しない方はそれでもOKです。)

 

 

<応募の流れ>

誰でも応募できます!!(自薦・他薦どちらでもOK)
エントリーは無料で行えます。

◉ZINEの応募方法

以下のいずれかの方法でZINEの現物を持ちください。
(いずれも1部のみでOKです)

①10/15(土)AM必着で「BOOK MARUTE」に送付
(返却はできませんのでご了承ください)
②当日持ち込み
(イベント終了後、お持ち帰りできます)

※原則一人1点までですが、イベント出展者は何冊でもエントリー可。
※送付する場合は下記のご住所にお願いします。
〒760-0031 高松市北浜町3-2 BOOK MARUTE
TEL 090-1322-5834
※当日、ZINEを持ち込まれる方は、11:00AMまでに、イベント会場にある本部にてエントリーしてください。
(エントリー用紙に記入していただきます。ご連絡先、持ち帰りするかどうかなどを記入していただきます)

◉応募資格

・ISBNコードが付与されていない作品に限ります。
・「ZINE」の定義はむずかしいです。ご本人が、「これがZINEだ」というなら、エントリー可能です!

◉事前応募フォーム(送付する方のみ)

事前にZINEを送付される方は、当日エントリー用紙にご記入いただくことができないため、下記フォームから応募の上、送付してください。
https://goo.gl/forms/jCeGyHkUi4kl2yK73

◉投票方法

・1人(出展者は1ブース)1票です!
・せとうちZINEアワードにエントリーしている方は、投票いただけません。
・当日設置する投票用紙にて、投票していただきます。

みなさまのご参加、お待ちしております!!

 

<関連イベント>
トークイベント「言えないよ、ZINEだなんて。」

【14:30〜】トークイベント「香川の建築話」

%e9%a6%99%e5%b7%9d%e5%bb%ba%e7%af%89

トークイベント「香川の建築話」

 

日時▶︎10/16(日)14:30〜
場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
入場料▶︎無料

=====================

出演者:
カワニシノリユキ
(香川県立体育館保存の会代表)

内容:
近代建築の宝庫、香川県のお話

香川県は香川県庁舎や香川県立体育館など、戦後から高度成長期にかけて建てられたモダニズム建築が他県よりも数多く存在します。
そして瀬戸内国際芸術祭が始まるずっと前から、世界で活躍している芸術家やデザイナー達は敬意を持って、これら建築群を聖地巡礼のように訪れ続けています。
瀬戸内にある全国で最も小さい香川県に、なぜその様な建築群が作られたのかを写真や図などを使い分かりやすくお話しします。
建物を見るだけでは伝わらない秘められたストーリーを知れば、もっと香川が好きになること必至!

入場無料。
お気軽にご参加ください!

 

【13:00〜】河内タカ『アートの入り口』ヨーロッパ編 出版記念トークイベント

14359768_1190081151014204_1397517487_o

河内タカ『アートの入り口』ヨーロッパ編
出版記念トークイベント

 

日時▶︎10/16(日)13:00〜
場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
入場料▶︎無料

==============

「海の見える一箱古本市&せとうちART BOOK FAIR」会場にて、河内タカさんのトークイベントを開催します!!

書籍『アートの入り口』は、河内タカさん個人のFacebookで、約5年間にわたって連載してきたアートコラムを本にまとめたものです。

アーティストや写真家たちの人となりや相互のつながり、また時代背景を個人的な視点を交えながら誰にでも読みやすい文章で連載されています。

前回大好評だった、既刊『アートの入り口 アメリカ編』のトークイベントに続き、今回は9月に発売されたばかりの新刊『アートの入り口 ヨーロッパ編』についてのトークです。

ヨーロッパのアートや写真の話、お楽しみに!
入場無料、予約優先です◎

当日会場には、河内タカさんのブースも登場します。
『アートの入り口』のアメリカ編、ヨーロッパ編の販売(太田出版、1944円)と、サイン会も開催します。
どうぞお気軽にご参加ください!

▶︎参加予約はこちら

 

 


|プロフィール|

河内タカ(かわち・たか)

taka_portrait
高校卒業後サンフランシスコのアートカレッジへ留学。
卒業後、ニューヨークに拠点を移し、現代アートや写真のキュレーションや写真集の編集を数多く手がける。2011年に帰国、同年4月より株式会社アマナが創設したフォトコレクションのチーフディレクターに就任し、日本人作家に限定した550点にも及ぶ写真作品を収集。
90年代後半より現在まで、アートや写真に関する執筆活動も行ない、Facebookでアートにまつわるエッセイを日々発信、『アートの入り口—-美しいもの、世界の歩き方[アメリカ編]』(太田出版、2016年2月)を刊行。

 

【12:30〜】トーク「言えないよ、ZINEだなんて。」

%e3%81%84%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%88%e3%80%81zine%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a6

 

トークイベント 「言えないよ、ZINEだなんて。」

出演:

岡部史絵(ユトレヒト)
松村純也(旅ベーグル)
小笠原哲也(BOOK MARUTE)

 

日時▶︎10/16(日)12:30〜
場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
入場料▶︎無料


•13時から河内タカさんのトークイベントを挟んで
14:50〜このメンバーでせとうちZINEアワードの発表トークもします

 

==============

「海の見える一箱古本市&せとうちART BOOK FAIR」会場にて、
トークイベント「言えないよ、ZINEだなんて。」を開催します!

内容:ZINEにまつわるそれぞれのすべらない話。

 

zineが好きな方、お気軽にご来場ください。


|プロフィール|

<岡部史絵>
14686147_1160287530729576_640312130_n

ユトレヒト代表。小鳥を愛する団体kotoritenメンバー。THE TOKYO ART BOOK FAIRにて年1ペースで鳥にまつわるジンを発表している。

 

<松村純也>
14657763_876556719155359_1422141840_n

旅ベーグル店主であり、zine作家、および愛好家でもある。彼の名著「サンフラン志津子はzine kids達の必読書として、後世に伝えられていくだろう。右投げ右打ち、座右の銘は「男にとって1番大切なことは、間違えねえことだ。(田原俊彦)」

 

<小笠原哲也>
14159254_594174927410627_2038755720_n

BOOKMARUTE 店主、緑光+marute(台湾)代表、古道具MARUTE店主、MARUTEGALLERY オーナー、ゲストハウスまどか主宰。言えないよ、ZINEだなんて。

 

【11:40〜】トーク「瀬戸内に移住してみて」

%e3%81%86%e3%81%bf

 

トークイベント 「瀬戸内に移住してみて」

出演:

淺野卓夫(瀬戸内人)
usaginingen(アーティスト)
松村純也(旅ベーグル)
世戸勝徳(せとうち暮らし)

司会:
小笠原哲也(BOOK MARUTE)

 

日時▶︎10/16(日)11:40〜
場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
入場料▶︎無料

 

==============

内容:

それぞれが、瀬戸内に移住して思ったこと。
瀬戸内国際芸術祭をテーマに、瀬戸内の島のことなど、いろいろ語ります。

入場無料。
ご自由にご参加ください!!!

【10:50〜】トーク「はじめましてまじめまして」

161014_1034_001

トークイベント 「はじめましてまじめまして」

山口一郎(アーティスト)× 小笠原哲也(ギャラリーオーナー)

 

日時▶︎10/16(日)10:50〜
場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
入場料▶︎無料

==============

内容:

お互い挨拶はするけど
ちゃんとまだ話した事が無いので
この機会に
はじめましては一度しか無いので
公衆の面前で初めましてトークをします。

ぼく(小笠原)が
瀬戸内のことやアートのことを
一郎さんに質問していきます。

 

山口一郎
http://www.yamaguchi-ichiro.com/

【10:00〜】トーク「かわいいドイツに会いに行く」

img_2787

トークイベント 「かわいいドイツに、会いに行く」

出演:
久保田由希(『かわいいドイツに、会いに行く』著者)
usaginingen(アーティスト)

 

日時▶︎10/16(日)10:00〜
場所▶︎サンポート高松 大型テント広場
入場料▶︎無料

 

==============

 

10/16に開催する 「海の見える一箱古本市&せとうちART BOOK FAIR」会場にて、トークイベント「かわいいドイツに、会いに行く」を開催します!

ベルリン・ドイツのライフスタイルを中心とした情報を発信している人気ライターの久保田由希さんと、長年ベルリンを拠点に活動し、現在は豊島在住のアーティスト・ウサギニンゲンさん。

彼らからみたドイツのかわいいもののことや、カルチャー、アートシーンの話を織り交ぜながら、ドイツの”今”についてお話していただきます。

10月に刊行されたばかりの久保田さんの新刊『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』に合わせて、最近のクリスマスマーケット話も◎

入場無料、予約優先です! ぜひお気軽にご来場ください。

*当日会場には、usaginingenさんのブースも登場します。
久保田由希さんの著書 『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版、 1598円) 『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版、1944円) の販売と、サイン会も開催します。 こちらもお気軽にご来場ください! 

 

▶︎参加予約はこちら

 

|プロフィール|

久保田由希(くぼた・ゆき)
14423575_10209063202430802_1515783709_o

東京都出身。日本女子大学卒業。出版社勤務の後、フリーライターとなる。ただ単に住んでみたいという気持ちから、2002年にベルリンへ渡りそのまま在住。著書や雑誌への寄稿を通して、ベルリン・ドイツのライフスタイルを中心とした情報を発信している。散歩をしながらスナップ写真を撮ることと、ビールが大好き。著書に『歩いてまわる小さなベルリン』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)ほか多数。新刊『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)が2016年10月に発売。
ホームページ: Kubota Magazin http://www.kubomaga.com/ 

 

usaginingen(ウサギニンゲン)

自作の映像機と楽器を使った、映像と音楽のパフォーマンスユニット、usaginingen(ウサギニンゲン)。2016年に活動拠点をドイツ・ベルリンから香川県豊島に移し、劇場をオープン!これまでに、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ、ロシア等19ヵ国48都市で公演。芸術祭、音楽祭、映画祭や教育機関(保育園~大学)などで幅広く活動中。アナログとデジタルを独特の手法で組み合わせたパフォーマンスは各国で高い評価を得ており、2014年にアイスランドで行われた、Reykjavik Visual-MusicPunto y Raya Festival のライブシネマ部門ではグランプリを受賞。

 

img_6829 img_6806 img_2728 img_1881

img_2738 img_1814 img_2942

10/16(日)海の見える一箱古本市 & せとうちART BOOK FAIR 出店者募集!

0814一箱古本市チラシ_s

「海の見える一箱古本市」第5回目を、10/16(日)に開催することが決定しました!

今回は、イベント名を「海の見える一箱古本市&せとうちART BOOK FAIR」とし、アートブックフェアも同会場で開催します!

会場も北浜アリーのレンガ広場ではなく、サンポート高松の大型テント広場(高松駅、高松港すぐ)で行います。

 

また出店者(出展者)を募集しています。

一箱古本市と、アートブックフェアの出展者を同時に募集します。

10/16(日)は瀬戸内国際芸術祭2016の秋会期中です。観光がてら、県外からもぜひ出店ください。(宿がとれない!という方はご相談ください)

初参加の方も大歓迎です。ぜひお気軽にご応募ください。



過去の北浜アリーレンガ広場での開催風景はこちらからご覧ください。

 

【イベント概要】——————–

海の見える一箱古本市 & せとうちART BOOK FAIR
・開催日 :10/16(日)
・時間  :10:00~15:00
・場所  :サンポート高松 大型テント広場

fullsizerender-32 fullsizerender-31

 

【一箱古本市とは?】——————–

素人からプロまでが同列に古本を販売するフリーマーケット型の古本市。出店者は一箱分の本を持参し、本屋さんを開きます。
2005年に東京の谷中・根津・千駄木で開催された「不忍ブックストリートの一箱古本市」がはじまりで、「一箱の本」を通じてコミュニケーションが広がるというスタイルが評判を呼び、現在は全国各地で開催されています。
出店者=「店主さん」は、屋号を持ち、箱ひとつ分の古本(新刊も可)を販売します。どんな本をいくらで売るかは自由です。箱にテーマを設けたり、売り方を工夫したりと、楽しんで出店してください。

 


 

【出展者募集要項】

①海の見える一箱古本市
②せとうちART BOOK FAIR

 

<①一箱古本市募集要項>

・申込締切:10/2(日)※先着順、定員に達し次第終了
・出店料 :2,500円
・スペース:1組あたり、220cm×220cmのスペースで展開してください。そのスペースの中に、
180cm×45cmの長テーブルを1つご用意しますので、ご利用ください。

※今回はこのスペース内に、什器、タープテントも持ち込み可能です。
※広いので、今回は一箱より多くてもOKですが、何か箱を使ってうまくレイアウトしていただけたらと思います。
※本や紙物にまつわる雑貨の販売も可能です。



<②アートブックフェア募集要項>

・申込締切:10/2(日)※先着順、定員に達し次第終了
・出店料 :2,500円
スペース:1組あたり、220cm×220cmのスペースで展開してください。そのスペースの中に、180cm×45cmの長テーブルを1つご用意しますので、ご利用ください。


※アートブックフェアに出展される方は、一箱分でなくて構いません。
※複数のテーブルを使用することもできます。(使用するテーブルの数に上限はありません)2つテーブルを使用したい方は5,000円、3つなら7500円になります。

◉応募対象について
・アートブックの取り扱いが1冊以上あればOKです。
・書店、出版社、個人など、プロ・アマ問わずご出展可能です。

 

【出店にあたっての注意事項】——————–

※一箱古本市、アートブックフェア共通

・220cm×220mのスペースに収まる程度でお願いします。
・会場には屋根がありますので、雨天時も開催しますが、荒天時は中止いたします。
・事前に商品を送付していただくことができます。
事前送付の場合は、10/15(土)AM指定で、BOOK MARUTEまで送付してください。
その際、出展名がわかるように、品名などに記載してください。

送付先:
〒760-0031 高松市北浜町3-2 BOOK MARUTE
TEL:090-7078-4512

 

・当日の搬入は朝7:30〜9:30です。事前にお送りする図面に従いセッティングをしてください。
・車でお越しの方には、出店者用の駐車場があります(台数に限りはあります)
・会計の方式は「フリーマーケット方式」です。つり銭は出店者が用意してください。基本的に、出店者が一日を通して店番をする必要があります。

 

【応募方法】——————–
・下記の応募フォームより、必要事項を入力の上、応募してください。
・応募確認後、2日以内にuminomieru.book@gmail.comより確認のメールをお送りいたします。
・応募受付後にお支払い方法をご案内いたします。(店頭支払/銀行振込/クレジット決済)
※もし入金後に出店をキャンセルされても、返金はいたしかねますのでご了承ください。

★海の見える一箱古本市応募フォーム
https://goo.gl/forms/0NzH030wdFKWtPSf1

★せとうちART BOOK FAIR 応募フォーム
https://goo.gl/forms/Mkcgc5EXveRAaD7s1

 

皆様のご応募お待ちしております!